筋トレ速報

【筋トレまとめサイト】筋肉の話題からダイエット、食事、ジム事情までフィットネス情報を5ch・2ch・SNSからまとめています。トレーニングしている人達の声をお届け。

    カテゴリ: 2ch

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/10/21(木) 12:27:13.78 _USER
    筋肉の損傷時に「細胞の核が傷に集まっていた」ことが確認される

     新たな筋肉再生の仕組みが発見されました。

     スペインのポンペウ・ファブラ大学(UPF)で行われた研究によれば、筋線維の再生時に損傷部位に細胞の「核」が集まってくる様子が確認された、とのこと。

     損傷部位に集結した核はタンパク質の生産に必須な「mRNA」を爆発的に増産させ、修復素材を現地生産していました。

     研究内容の詳細は10月14日に『Science』に掲載されています。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ナゾロジー 2021.10.20
    https://nazology.net/archives/98420

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/09/28(火) 21:23:08.582
    恐怖心に支配されて人生辛い

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/10/20(水) 04:13:03.120
    教えて強い人

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/10/31(日) 16:11:15.065
    誰なの?

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 21/10/15(金)00:16:22
    アニメキャラみてーな体してんな

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/10/28(木) 12:13:04.84

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/11/04(木) 16:00:29.56
    日常的な運動は健康に良いことが分かっていますが、仕事上の肉体労働の場合は、そうとも言えないようです。

    先ごろデンマークで行われた研究で、仕事として行う高強度の身体活動は、心血管疾患(心筋梗塞など)のリスク減少や死亡リスクの減少には結びつかず、かえってリスクが上昇する恐れがあることが分かりました。


    現在、健康と運動に関する各国のガイドラインは、「余暇時間の運動」と「仕事関連の身体活動」を区別していません。
    余暇時間に体を動かすこと(スポーツ、レクリエーション、旅行など)が、心血管疾患(心筋梗塞、脳卒中など)のリスクと、あらゆる原因による死亡のリスクの低下に関係することは示されています。
    しかし、仕事上で必要とされる身体活動(肉体労働)と健康の関係については、一貫した結果は報告されていません。

    余暇時間の身体活動はバラエティーに富んでおり、強度もさまざまに選べて、いつでも自由に休憩を取ることができます。
    しかし、肉体労働の場合は状況が異なり、同じ活動を長時間継続することが求められ、運動強度も一定で、あらかじめ決められたタイミングでしか休憩できない場合が多いと想像されます。
    過酷な肉体労働が疲労感や血圧・脈拍の上昇と関係することは、これまでにも示されていました。


    そこでデンマークの研究者たちは、「余暇時間の運動は、主要な心血管有害事象(MACE、*1)のリスクと、あらゆる原因による死亡(総死亡)のリスクの低下に関係し、肉体労働はそれらのリスクの上昇に関係する」という仮説を立て、検証することにしました。

    まず、余暇時間の運動レベルが低かった集団とそれ以外の集団で、MACE発生率を比較しました。
    分析に影響すると予想された、年齢、性別、BMI、喫煙歴、学歴、糖尿病の有無、収縮期血圧、降圧薬使用の有無、食事嗜好、飲酒習慣、COPDの有無、コレステロール値などを考慮して、MACEのリスクを比較したところ、低レベルの集団に比べ、それよりも運動レベルが高い集団のリスクは有意に低くなっていました。
    死亡のリスクも同様に、運動レベルが中以上の集団で有意に低いことが示されました。

    一方で、肉体労働について同様に比較すると、身体活動レベルが高い、あるいは非常に高い集団において、MACEと死亡のリスクが有意に高くなっていました。

    生活習慣や、健康状態、生活状況、社会経済的特性に基づいて対象者を細かく層別化し、同様の比較を行いましたが、結果は一貫していました。


    著者らは、余暇時間の運動と肉体労働のレベルの間に、相乗効果や相加効果などが存在するかどうかを調べるために、それぞれの運動レベルを組み合わせた分析を行いましたが、それらの間に有意な関係は見られませんでした。
    これは、肉体労働レベルとは関係なく、余暇時間の運動レベルが高いほど、MACEまたは死亡のリスクは低い傾向があること、一方で、余暇時間の運動レベルとは無関係に、肉体労働レベルが低いほど、MACEまたは死亡のリスクは低い傾向があることを意味します。

    以上の結果は、仕事の上での身体活動は、余暇時間に行う運動の代替にはならないこと、
    身体活動レベルが高い仕事をしている人も、日々十分に休息でき、休日には活発に運動できるような労働環境を整えることが、国民の健康を守るために大いに役立つ可能性を示唆しました。

    https://cdn-business.nikkei.com/atcl/gen/19/00283/093000054/table1.jpg
    https://cdn-business.nikkei.com/atcl/gen/19/00283/093000054/table2.jpg


    2021.10.26
    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00283/093000054/

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/11/04(木) 17:53:45.57
    タレント・小島瑠璃子(26歳)が、10月15日に放送されたバラエティ番組「『任意同行』願えますか?」(日本テレビ系)に出演。

    筋肉を鍛えている人への理解を深めた。

    以前、ボディビルダーに対して「世界で一番意味がわからない」とコメントしたことで炎上してしまった小島は、
    「言い方が悪くて。私が言いたかったのは同じ努力をするんだったら、その先に格闘技とか護身術とか技術が獲得できる鍛え方のほうがいいんじゃないか、
    筋肉鍛えた先に何かあったほうが同じ努力するんだったらそっちのほうがいいじゃんって今も思ってるんですね。
    ただ努力をしている人のことを悪く言ったのはすごく反省していて、その方向で申し訳なく思っている」と弁解し、いまだにジムで身体を鍛えている人のことを理解できないと語った。

    番組に登場したボディビルダーが、小島の発言で業界が荒れたことは認めつつも、
    「ボディビルの真髄はハートなんですよ。自分、己を超えていく。格闘技って対戦相手いるじゃないですか。だけど相手のこと殴ったりするのが嫌な人もいるんですね。
    自分、己を超えていくためにはすごい良いことで、その精神力っていうのは並大抵じゃないです。競技にかけた熱い想いというのを伝えたい」と語ると、
    小島も「競技ということなんですね。ありがとうございます」と話し、「自分が筋トレやろうとは思えないけれどやっている人のことは理解できた」と語った。

    https://www.narinari.com/Nd/20201061978.html


    謝れてえらい😊

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/11/04(木) 13:50:15.58
    このシリーズでは、東京大学のダイバーシティ(多様性)に関する課題や取り組みを、教員たちへのインタヴューを通して紹介していきます。 東京大学は多様な背景をもった人たちが、活き活きと活動できる場の実現を目指します。

    35 年ほど前、学部新入生約800人の中で31人しかいない女子学生の一人として東京工業大学に入学した吉江尚子先生。
    今でも覚えているのは、当時の先生方が「今年は31人も入った」という表現をしていたことです。その後、女性が特に少ない工学系の研究者としての道を歩み 、
    2003年から生産技術研究所で研究を続けてきた吉江先生は、当時と比べて女性が仕事を続けるための制度はだいぶ整ってきたと話します。

    とはいえ日本の女性研究者の割合は依然低く、国際的には「日本だけおいてきぼりです」と東京大学の男女共同参画室長を2020年4月から務める吉江先生は指摘します。

    内閣府の男女共同参画白書によると2020年3月31日時点で、日本の研究者に占める女性の割合は16.9パーセント。
    その割合は上昇傾向にありますが、スペインの40.8%、英国の38.6%、米国の33.7%など30~40パーセント台の欧米諸国に比べ大きく後れをとっています。
    東京大学でも状況は同じで、女性の学生や研究者を増やすことが、キャンパスの多様性を実現するうえでも大きな課題です。

    なかなか女性が増えない一因として先生が指摘するのが、知らず知らずのうちに身についた無意識のバイアス(偏見)です。
    例えば、中学校や高校で理系科目の教師は男性が多いことが、理系は男性の方が得意だといった偏った考えに至る一因になっていないか。
    また、若手研究者を海外に送ることになった場合、子供がいる女性を初めから候補者からはずす、といったバイアスがかかった判断をしていないか。子
    供がいる男性でも同じ判断になるのか。そう先生は問いかけます。

    実際にアメリカのオーケストラで団員採用にブラインド・オーディション方式を取り入れたところ、
    採用される女性の割合が数倍増加したといった無意識のバイアスに関する科学的根拠のある報告はたくさんあり、そのような偏見を自覚することが大切だと話します。
    「私もこのような話をしてますが、自分にもバイアスが残っているのではないかと疑うことが大事だと思っています」

    https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/z1304_00126.html

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/11/01(月) 11:23:47.033

    続きを読む


    ↑↑いつも人気投票クリック有難うございます!! ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。 [喜]

    このページのトップヘ